So-net無料ブログ作成
R1200RT LC ブログトップ
前の10件 | -

トップケースカバーの塗装を依頼 [R1200RT LC]

悪魔の囁きに負けてしまったYOHさんは、東京都大田区にあるPRO_Fitさんに見積をお願いしました。
BMWの標準色なので、お任せコースで2.8諭吉さんでしたので、速攻でお願いしました。
とは言っても、年末年始を挟むので、1月早々から塗装の順番待ちに並ばせてもらいました。


トップケースは簡単に分解できるのでカバーだけPRO_Fitさんに送りました。
分解しないと分解作業代が掛かります。そもそも、大きなトップケースを送る方が大変ですけどね。
bmw20181.jpg


本塗り作業はこちらを見てください →→→ BMWトップカバー 本塗り


研磨・脱脂と大変そうですね。
下の写真は、塗装ステージでの様子です。ちゃんと、ネジ穴が詰まらないようにネジを入れてますね。
PRO_Fit2.jpg


塗装完成はこちらを見てください →→→ BMW トップケースカバー塗装 完成


こちらが完成写真です。
PRO_Fit3.jpg
PRO_Fit4.jpg
PRO_Fit5.jpg


届いたらすぐに使って良いのかと思ったら、こんなメッセージが入っていました。
DSC08071.jpg


仕方が無いので、少しお預け。


でも、本当に色が同じなのか気になるので、確認しておきました。
この塗料は、様々な色が含まれているようで、光の当たり方によって微妙に色合いが変わります。
そんなこと知らなかったので、最初は黄ばんだ色に見えてビックリしましたが、
無事同じ色でした。 (白い物を写したら、カメラのCCDが汚れているのに気が付いたので、掃除しました)
DSC08069.jpg
DSC08067.jpg


1週間と2日たったので、もういいかな(笑)
PRO_Fitさんからは、メールで
 出来れば取り付けまで二週間程度お待ち頂く事をお勧め致します」と念押しされてますが・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


組付けてみました。良い感じでしょ[黒ハート] 
DSC08079.jpg
DSC08082.jpg
DSC08077.jpg


今回の塗装は、BMW標準色のALPINEWEISSⅢ(カラーコード300)を「お任せ仕上げコース」で
お願いしました。また、高品位タイプの「クリスタルクリアー」で仕上げてもらいました。


クリアーが高級なためか、ボディより綺麗な感じがしますよ。


自己満足な一品が増えました[わーい(嬉しい顔)]


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:バイク

トップケースカバーの塗装失敗 [R1200RT LC]

だいぶ前の出来事ですが、・・・


R1200RTの写真を撮ると、トップケースの色も白い方が良いねと、悪い人から囁きが[たらーっ(汗)]
光の当たり方によっては、こんな写真になることも。
R1200RT_1.jpg


別に色が違ったって良いんじゃないかな・・・・
同じ方が、見た目が良いのは確かだな。


試しに、白で塗ってみるか。


Nakaさんの情報で、ラバーペイントって言う物が有るのを知りました。
この塗料は、塗った後、気に入らなかったら剥がせるらしい。
塗料も安いので、試しに塗っちゃいましょうかね。
AZ ラバーペイント.jpg


トップケースカバーを外して、脱脂して、プシューっとラバーペイントを吹き付けるだけ。
腕が悪いので、だいぶむらができたような(汗)
R1200RT_T.jpgR1200RT_T2.jpg


実際に取り付けてみると、色が違うし、ムラムラだし Orz
剥がせるラバーペイントだったので、速攻で元に戻しました[あせあせ(飛び散る汗)]
tosouNG.jpg


諦めが悪いので、パーツリストを見てみると、純正でアルピンホワイトのカバーが有るようです。


しかし、国内で再塗装した方が、安そうな気がしたので、聞いてみたら諭吉さん4人越えでした。
それなら、輸入しようかなぁ。


と思っていたら、かずぅさんから諭吉さん3人でお釣りがくるらしい情報が(笑)


こうご期待。 つづく


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

フロントフェンダーエクステンション [R1200RT LC]

フロントフェンダーを伸ばすとエンジンが汚れにくいのですが、
ノーマルのままで良いかなぁと思っていました。


他の部品を注文するときに、ちょっと勘違いをして、一緒に注文してしまいました。


穴あけして、ネジで止めようと思っていたら、面倒なので放置状態が続いていました。


そんな時に、バイク仲間が新車に貼り付けていたので、重い腰をちょっとだけ上げて、
両面テープで貼り付けることにしました。
いままでの経験上、強力両面テープで十分な面積をとれば大丈夫です。


しかし、冬の気温が低い日は、両面テープの粘着力が低いので、ドライヤーで温めると良いですよ。
(フェンダーエクステンション取付後の写真です)
DSC08072.jpg


協力両面テープの欠点は、貼り治せないので、位置決めが難しいです。
最初に練習して雰囲気が分かった後に貼りましょう。
今回は1.5回で成功。0.5は、最初に位置決めする時に手が震えてちょっぴりくっついてしまった。
少しずれた感じが有りましたが、温めながらしっかりと押さえたら、ピッタリとはまりました。
DSC08075.jpg


このままの放置は粘着力に不安が残るので、日向に置き暫く温めておきました。
気温は10℃ですが、日向に置いておくと暖かいと感じる温度になります。
DSC08073.jpg


両面テープで止めて、次の日に見たら落ちていた人も居るようなので、
しっかりと温めることが肝心ですよ。


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

Gorillaナビを取り付けた [R1200RT LC]

ナビが無いと迷子になってしまうので、ナビを手放せなくなっています。
R1200RTには BMW Navigator Ⅴ を着けていますが、色々不満も[ふらふら]


いままで色々なナビをバイクに載せてきましたが、不満な点もいっぱいあります。


2005年ぐらいから、5種類か・・・
 ゴリラ CDナビ,GARMIN StreetPilot 2610,ZUMO navigator 550,
 BMW Navigator Ⅳ (ZUMO 660),BMW Navigator Ⅴ
バージョンアップを頻繁にやってますね[あせあせ(飛び散る汗)]


BMW Navigator Ⅴはねぇ。防水で良いのだけど・・・
道を間違えるのも、画面が小さいからかなぁ。
ナビルートも、なんでー! って言いたい時もあります。


そんなこんなで、昨年から、7インチのゴリラを取り付けようと画策していました。
道路マップ無料更新、VICS対応が魅力的なんですよ!


12月ごろから市場価格が上がってしまったので、もう少し待とうかと思ったのですが、
楽天のポイントアッププログラムに乗ってしまった(笑)


お年玉 & 誕生日プレゼントです。


CN-G1100VD SSDポータブルナビゲーション
DSC_6694.jpg
DSC_6695.jpg


取り付けると、こうなりました。
気持ち、視線の邪魔ですが、走るときの目線はスクリーンの上だから大丈夫です。
スクリーンが下がっていてもナビを取り外せるので、盗難には注意です。
DSC_6718.jpg
DSC_6707.jpg


画面も大きくて、年寄りに親切です。
BMW Navigatorに比べリルートが速い感じがします。
ルート案内の地図が見やすくて良いい感じです[わーい(嬉しい顔)]


欠点は、取付ステーが長いので、振動でナビが揺れます。
凸凹のない舗装路だけを走れば大丈夫です!


音声は、内蔵スピーカで聞こえるかもなぁとか、
カウルを外すのが面倒とか色々ありまして、次の宿題になっています。


 


さて、どうやって取り付けたか、気になる人もいるかなぁ。参考までに書いておきます。
取付に必要な部品は、市販品のみです。新たに作ったり、加工したりしていません。


当初は、BMW Navigatorのクレードルを取り付けているネジの部分を延長しようと思ったのですが、
強度的に大丈夫なのか、BMW Navigatorも使えるようにしていた方が便利ではないか?
と思い、方法を変更しました。


ナビのマウントはこんな感じで。
ケーブルの取り回しは、クレードルの隙間から中に入れた方が綺麗だと思うのですが、
BMW Navigatorが使えなくなりそうなので、外側を回しました。
(カウルを外すのが面倒だったと言う噂も有ります)
DSC_6706.jpg


上から見ると、
DSC_6713.jpg


HORNIGのGPSマウントには、オプションで1インチ・ラムボールがあるので、
それを使うと、取付の自由度が上がると思います。


VICSアンテナは、カウルの中に入りそうなサイズでしたが、
作業が面倒なので上に載せてしまいました。
DSC_6704.jpg


電源関係の配線も意外と面倒ですが、こんな感じです。
USB電源アダプタは防水の物も用意していたのですが、使いにくかったので、エーモンさんにしました。
防水では無いですが、カウル内の水が掛からなそうな所を選んだので大丈夫でしょう。
haisen.jpg


VICSは受信できるかなぁ・・・?  車庫から出しても受信しない・・・?
家の当たりはFMの電波が弱いので、そもそもRTのラジオでも受信できない。


走ってみると、ちゃんと受信しましたよ!
分かりにくいですが、車線規制情報が表示されています。VICS受信時刻も表示しています。
DSC_6717.jpg
(ねずみさん情報は試験中です。アイコンは出るのですが、警告が出ないので、もう少し研究が必要です。)


内蔵スピーカですが、予想はしていましたが音量が足りません。
ボリュームを最大にしても、走行中はほとんど聞こえません。


オーディオ出力をR1200RTのAUX端子に接続すれば車両のスピーカから音が出で聞こえるのですが、
FMラジオが聞けなくなります。ゴリラからのオーディオ出力も若干低いレベルに固定されるようです。


さて、どうするか、少し考える必要が有りそうです。


 


あ、防水の課題もありました。
雨の日は走らない鉄則を守りますかね。


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:バイク

ゼロポイントシャフト導入 [R1200RT LC]

最近、ゼロポイントシャフトなる物が、巷で噂になっているようだ。
摩擦係数が純正品の半分ぐらいなので、タイヤが回りやすいらしい。
値段も、純正シャフトと同じぐらいで、手ごろな値段(R1200RT用は2万円ぐらい)。


巷の噂では、軽くなったー[わーい(嬉しい顔)] の声が沢山あるようなので、
ボーナスをはたいて交換することにしました。


DSCN4861.jpg


素人目には、普通のシャフトですが、高精度に作らているらしいです。
脱着にはトルクスT-90が必要なので、アダプターが付いています。
T-90は普通無いサイズなので、盗難防止のためでしょうか?
DSCN4855.jpg
DSCN4852.jpg


DSCN4851.jpg


純正品は銀色でした。色以外は同じに見えますよね。人間の目では分からないってことです。
DSCN4856.jpg


シャフトの交換は、タイヤ交換と同じようにキャリパーを外すと思っていたのですが、
タイヤを少し浮かせて、アクスルシャフトを抜いて差すだけでした。
グリスを持っていなかったので、デラで作業してもらいましたが、シャフトを抜くのに苦戦していたので、
自分でやらなくて良かった[がく~(落胆した顔)]
DSCN4858.jpg


トルクスT-90はデカいです。
DSCN4859.jpg


インプレッションですが。


タイヤを手で回してみると、良く回ります。ずいぶん違いますね。
車体を押した感じも軽いような気がする。
停車状態から1速に入れて、クラッチをゆっくり話すと、アイドルでも発進しました。
なんとなく、発進がスムーズ。
純正シャフトの時より、5-10km/hぐらい低い速度で走れる感じです。


思い込みも有ると思いますが、気になる方は、交換してみましょう[わーい(嬉しい顔)]


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

ACC連動はミスばかりで大変だった [R1200RT LC]

R1200RTにUSB電源を増設したいから作業は始まりました。


ACCに連動して電源ON/OFFをしたいので、ETC車載器から電源を分けてリレーに入れる回路を組みます。
当然、ETC車載器には、12VとACCが来ていると思い、ACCを探しました・・・ 無い Orz


Midori♂さんのUSB増設記事を見るとほっぺの中に配線がある?


調べてみると、右のほっぺも、左のほっぺも空でした Orz


では、どうなっているのかな・・・


ETC車載器の取付要領書をダウンロードしてみると、ACCは接続しないって[がく~(落胆した顔)]
+12VのON/OFFだけだって[あせあせ(飛び散る汗)]


下の写真の矢印の線は、てっきりバッテリーの12Vにつながっていると思っていたら、
配線をたどるとメーター辺りにつながっている。ACCを分岐して持ってきているようです。
これに気が付くのが長くかかりました。DSC_6607.jpg


時間切れで、1日目終了・・・ Orz


*** 2日目 ***


既存の配線を外して、新しく引き回し。ギボシ端子を圧着したり、無計画に色々やってたら・・・
ギボシ端子が足りなくなった(汗)


午前の部は、ここで終了。
DSC_6608 1.jpg


オートバックス辻堂店に直行。
パーツを調達したので、昼食に行きましょうね。
DSC_6609 1.jpg


本当は、違う物の予定でしたが、車を止められなかったので、お気に入りの「らーめん一世」に行き
塩ラーメンと餃子を頂きました。ここの塩ラーメンが美味しいのですよ[るんるん]
DSC_6610 1.jpg


さて、午後の部の開始です。


まあ、+12VとGNDラインの分岐配線ができたので、整線して終了。


のはずでしたが、動作確認してみると・・・?  動いていない。


少しずつ確認してゆくと・・・正しいのだけど?  引っ張ってみたら・・・線が切れてた(汗)


修理したら、ちゃんと動いたよ[わーい(嬉しい顔)]
DSC_6612 1.jpg


バッテリー端子の接続は、2本にしたかったけど、面倒なので3本入れちゃいました。
まあ、大丈夫でしょう。(+12Vはジャンプスタート用の端子に接続しています)
DSC_6611 1.jpg


USB電源の配線をする時間が無かったので、続きは来週にすることにしました。


充電用のケーブルは付けたので、充電してみようかと思ったら・・・コネクタのサイズが違う?


あー 充電ケーブルとUSB電源ケーブルを間違えたようです。サイズが微妙に違うのだ Orz
DSC_6613 1.jpg


再び、配線をばらして、充電ケーブルを接続。
だんだん疲れてきてプラス・マイナス間違えそうになりました。
再び整線して終了。
DSC_6615 1.jpg


バッテリー周りも大体同じ感じです。
DSC_6614.jpg


無事にエンジンもかかり、ACC連動でリレーが動作してETC車載器も動きました。


午前中は、日が当たり暖かかったのですが、午後は日陰で寒く、立ち仕事だったのでだいぶ疲れました。
続きは、来週にすることにします。
USB電源に給電する+12V、GNDはギボシで出したので、後は配線をするだけです。
配線経路を考えるのと、USBの口をどこに取り付けるかが悩みどころですね。


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

R-style ちびマフラー [R1200RT LC]

R1200RT用に R-style のマフラーを買ったときに、こんなチラシが入っていました。
DSC_6515.jpg


YOHさんは、ここで紹介しているよとメールを打ったので、もらっちゃいました。
DSC_6514.jpg


金属で、約8㎝のサイズ、何処につけましょうね・・・


当面、こいつと一緒に置いておこう。
(このバイクの出所はこちら http://yohsan.blog.so-net.ne.jp/2012-04-27
DSC_6513.jpg


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

アクションカムを復活させよう [R1200RT LC]

景色が綺麗だと走りながら写真を撮りたいなぁ・・・ とか、
最近、Nakaさんがドラレコ着けて遊んでいるなぁ・・・とか。


動画を撮れるようにしましょうかね。


だいぶ前になりますが、K1600GTLで動画撮影にチャレンジしたり
http://yohsan.blog.so-net.ne.jp/2015-03-14


ヘルメットにアクションカムをつけて動画を撮ってみたり
http://yohsan.blog.so-net.ne.jp/2015-12-06


少しだけ遊んでみましたが、そのままお蔵入りでしたね。


でも、どうにかならないかと言うことで考えていました。


R1200RTは、カウルが邪魔でうまく着かないなぁと半分諦めモードになっていましたが、
取付方法を見つけました。


手持ちのヘルメット・マウントキットをコンソールの上に貼り付けると、カメラがスクリーンにギリギリ当たらないことが分かりました。そしてこんな感じで取り付けました。
DSC_6519.jpg


唯一の欠点は、ヘルメットマウントのアタッチメントが黄色いので、前から日が当たるとスクリーンに映り込み、映像にも入ってしまうのです。


カバーを作ろうかと途中まで進めたのですが、黒く塗れば良いじゃないですか。
艶消し黒のタッチペンが有ったので、塗り塗り・・・・。
抜き差しすると剥げちゃうけど、まあ良いでしょう。
DSC_6523.jpg


こんな感じになりました。
DSC_6525.jpg


さあ、どんな感じに映るかなぁ??


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

オイル交換2回目 [R1200RT LC]

気が付いたらR1200RTのオイル交換の時期になりました。


メーカー指定は10,000Km毎の交換ですが、そこまで走るのはちょっとねぇ。


前回は、1,000Km点検に合わせて交換しました。
http://hitoyasumi-yohsan.blog.so-net.ne.jp/2017-05-07-2


もう少し我慢しちゃおうかと思いましたが、4669Kmで交換しましょう。
オイルは、最近愛用しているCastrol POWER1 RACING 4T 5W-40
ドレインガスケットは、スバル/ホンダ車用の20.3mm×25.8mm×1.7mmです。
DSC_6528.jpg


オイルを、ちゃちゃっと抜いて、3.5L入れてみました。
暖気して、エンジン止めて、少し待ちます。
DSC_6530.jpg


少し足りない感じなので、200cc増量してみました。
このくらいで、ちょうど良いかな。
DSC_6531.jpg


明日はツーリングの予定なので、気持ち良く走れそうです。


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

R-style マフラー びっくりぽん! [R1200RT LC]

バイクを買うたびにマフラーを交換していますが、
スリップオンマフラーは多少低速トルクが出たかなと思う程度なので、
R1200RT LCは、ノーマルマフラーのままにしておくつもりでした。


しかし、発進時のもさっと感が気になって仕方がない。
乾式クラッチのときは、もう少しカチッとつながり、スーっと走ったような? 湿式クラッチのせい?
2017年モデルのR1200RTがユーロ4規制適合なので、エンジンの特製がこうなった?
ユーロ4適合車のマフラーは変更になっているので、マフラーを交換したら良くなるかな?


ちなみに、日本国内では輸入車の平成28年度騒音規制(ユーロ4)は、2021年からなので、
ユーロ4に適合している必要はありません。車検証も平成26年度騒音規制の記載です。
R1200RT LC 2017年モデルは、車検証記載の型式も2017年より前のモデルと同じ番号でなので、
日本国内で流通しているR1200RT LC用の車検対応マフラーに交換して公道を走ることができます。


と言うわけで、誘惑に負けました。


選択肢としては、
 ①BMWの純正マフラーを買う・・・ユーロ4になるのでどうでしょう?
 ②AKRAPOVICのユーロ3対応を買う・・・あまり変わらないかも?
 ③REMUSのユーロ3対応を買う・・・ 安いけど音が大きいイメージ
 ④ワイパン・・・高い Orz


いろいろ調べていたのですが R-style のマフラーが良さそうな気がしてきました。
気になるうたい文句は、これ。


「Real Python muffler」は、内部に排気流速を極限まで高め、車検対応でありながらも絶大なトルクとパワーを実現する、「RTPシステム」(R-style Tail Pipe System)を搭載している為、スリップオンとしては有り得ないほど性能も上がる。


誘惑に負けてポチっとしました[わーい(嬉しい顔)] 


R-style レアルパイソン スリップオンマフラー (Real python Muffler)
タイプ:ヒートカラー


梱包はこんな感じです。輸送中に箱の中で動かないように、段ボール片で固定されています。
DSC_6492.jpg


説明書の他に、車検で必要な証明書類が添付されています。
車検場で見せるのでしょうか?
法改正でマフラーの規制は弱くなっているので、ユーザ車検で聞かれないような気がします。
DSCN4469.jpg


純正マフラーからの軽量化が分かるように、タニタさんで計量しておきます。
体脂肪率は不明です(笑)
DSCN4465.jpg


昔買った、耐熱シリコン接着シーリング材(接合部のガス漏れ対策)、耐熱グリス(ネジの融着防止)を
倉庫の片隅から救出しました。だいぶ固くなっていましたが、大丈夫でしょう。
DSCN4468.jpg


マフラーの交換は、取扱説明書に書いてある通り作業すれば簡単です。
写真が小さかったので、表現の理解に2か所ぐらい悩みましたが、実物を見れば問題は解決。
素人の作業なので、いつもやってしまうマフラーが斜めだ事件以外は無事終了。
写真を撮りながら作業したので、1時間強ぐらいでした。
DSCN4483.jpg


ボディカラーがアルピンホワイトなので、アクセントが欲しいと思い、ヒートカラーを選びました。
ちょっと気になっているのが、洗車のときゴミ(砂)で傷がつくと目立つかも。どうかなぁ?
DSCN4481.jpg


綺麗な青色で気に入っています。


DSC07543.jpg


接合部分に、こだわり感が有って良い感じなのですが、ヒートプロテクターで隠れてしまうのですよ。
ちょっと残念な気もします。
DSCN4478.jpg


ヒートプロテクターも手作りなので、こだわりのサインが入っています。
DSC07538.jpg
DSCN4473.jpg


記念撮影ですが、下から光を当てないとマフラーの綺麗さが今一つな感じ。
目で見ると、もっと綺麗なのですが。撮影テクニックが有りません(汗)
DSC07534.jpg
DSC07531.jpg

DSC07542.jpg


純正マフラーの重さは5Kg(ヒートプロテクター込み)でした。
2.2Kgの減量でした。体重をこれだけ減らすのは大変ですよね。YOHさんの体重は安定しています。
DSCN4490.jpg


インプレッション


それでは、実際に走ってみた驚きの結果はここから(笑)


まず、エンジンを掛けると・・・静かです。乾いた音のような。
爆音仕様は嫌いなので、この感じは良いです。夜中にエンジンを掛けても気にならないでしょう。
走行中のエンジン音は自分では良く分からないので、誰か教えてください。
乗っていても、静かな感じでした。


走り始めで最初に驚いたのは、アイドリング付近のレスポンスです。
住宅街なので、ニュートラルでスーっと走るときが有りますよね。
最初、アイドリングがばらつくと思ったのですが、アクセルを僅かに回すだけでエンジン回転が変化します。
今までは、マフラーの排圧でずいぶん抑え込まれていたのでしょうね。


純正マフラーでは、発進時にクラッチをつなぐと、回転が上がりにくい、ぼやっとした感じでしたが、
交換後は、クラッチをつなぐと、スーっと走ってゆく感じですね。
グイっと出る感じが強くなるので、渋滞で困るかもしれない。どうかなあぁ。


市街地を走ってみると、バイクが軽いです。低回転域でのレスポンスが良いのでしょう。
1速低いギアなのかと思ってしまう場面も有りました(これは言い過ぎかも)。


ワインディンが楽しくなるような気がしてきます。


少し高速を走ってみました。
ノーマルマフラーだと、3000~4000回転の領域で加速感が今一つな感じが有りますが(昨日走って感じた)、
このマフラーは良い感じスーっと走れます。
YOHさんは、あまり回さないでのんびり走る派なのですが、加速が必要な場面は有りますよね。
昨日とは打って変わり快適な走りに大満足でした。


R-style レアルパイソン スリップオンマフラーに交換して大正解でした。


交換を考えている人は、是非候補に入れてください!


 


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | - R1200RT LC ブログトップ