So-net無料ブログ作成

R1200RT LC レバー交換 [R1200RT LC]

ブレーキレバーは良い感じの位置なのですが、クラッチレバーが遠くて操作しづらいので、
密林さんでポチッとしました。


しかし、メンテナンスマニュアル無しで交換作業をしたので、あれ~? って事も(笑)


今回は、白いボディーには、男の子なのでブルーが合うかなと思い、こんなのを注文しました。
もう少し、明るい水色を想像していたのですが、ちょっと違うかなぁ(汗)
DSCN3277.jpg


レバーの長さは、ショート~ロングの間で好きな位置を選べます。
ピレットが折り畳み式なので、転んで地面にレバーが当たると、上側に跳ねる仕組みになっています。
まあ、何時もパニアを着けているので、レバーは軽く地面に当たるぐらいなのですけどね。


ショート側
DSCN3280.jpg


ロング側
DSCN3279.jpg


あまり考えないで、サクッと交換しましたが、


あれ? レバーを握ると当たるんじゃないかなぁ?
DSCN3288.jpg


構造を良く理解していなかったので、クリアランスが取れるように位置を合わせて、良いことにしました。


しかし、実際に走ってみると、ブレーキの遊びが大きくて、操作しずらい。
そして、ブレーキが掛かるまでに時間が掛かり、危ないよ!


で、良ーく考えると、このロッドのねじ込み量が関係していることが分かり、
ちょうど良さそうな位置に調整しました。後は、慣れでしょう。
DSCN3285.jpg


クリアランスもちゃんと取れるようになりました。
DSC_6175.jpg


そうそう、レバーの位置ですが、5㎜ほで手前に来ました。
調整範囲がもともと15㎜程度なので、だいぶ近くに来た感じになります。
これでクラッチも何時もの位置で操作できるようになりました。


あ、クラッチ側の遊びを確認していないなぁ。
もう、たくさん走って大丈夫そうだから、忘れちゃえ(笑)


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0