So-net無料ブログ作成

R1200RT LC オイル交換(本番) [R1200RT LC]

R1200RT LCのオイル交換を始める前に、少しだけ前置きおば(笑)


廃油を捨てるためのポイボックス(ポイパック)ですが、今まで安さに負けてエーモンの物を使っていました。しかし、オイルを十分に吸わないでタプタプ状態になり、袋からオイルが漏れる事もあり困っていました。


今回は、値段が1.5倍ぐらいするパルスター(PALSTAR)の物を使ってみることにしました(密林さんで購入)。
オイルの吸着材料が厚く、良く吸ってくれる感じがあります。良さそうですよ。
DSCN3232.jpg
DSCN3234.jpg


そして、ドレインワッシャーの調査。今回は純正品を使いますが、使用可能な物を確認します。
スバル、ホンダなどの車用のM20オイルドレインパッキンが使えるようです(Midori♂さん情報)


ネットで調べると、何種類か出てきますが、今回はこれにしました。


アルミ・ノンアスベスト3層構造ガスケット10枚セット(500円)
20.3mm×25.8mm×1.7mm と記載されていました。
ノンアスベスト層が面圧を均一にしシールド性を高めるそうです。
DSCN3147.jpg


ドレインプラグには、こんな感じで収まります。
左側が社外品、右側が純正のドレインワッシャーです。
社外品で十分使えますよ!(自己責任でお願いします)
DSCN3242.jpgDSCN3241.jpg


さあ、本当に交換だー!  って、下から抜いて、上から入れるだけですけど(笑)


ドレインプラグを抜いて、古いエンジンオイルをジャーっと抜きます。
これがドレインプラグ。締めるときは42Nmが規定トルクです。
ドレインプラグの周りは、広い範囲で平らなので、ドレインワッシャーは大きめでも大丈夫です。
DSCN3237.jpg


オイルを抜いている間に、左パネルの3か所のボルトを外してパネルを外し、オイルフィルターにアクセスできるようにします。
DSCN3238.jpg
オイルフィルターは11Nmが規定トルクですが、外すときにかなりの力が必要でした。
本当に、規定トルクで締めてあるのかな?


オイルは、買い置きしてあった、Castrol Power1 Racing 4T 5W-40 です。
以前、メーカ指定されていたのですが、最近は違うメーカが純正指定になったはず。


規定の4L入るはずですが、3.8Lでいったん止めて、油量をチェックすると、
ちょうど良い感じでしょうかね。
DSCN3247.jpg


ライダーズマニュアルを見ると、MinとMaxの間が0.95Lも有るので、適当に入れても大丈夫な感じですね。
MAXにするのが良いわけでは無いので、これでお終い。


今、気が付いたのですが、油量の目安にする赤丸が小さくなりましたね。
これの方が見やすいですが、勘違いしそうだ。


準備時間が長かったのに、交換はあっという間でした。


よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 6

コメント 4

たくや

今のオイルは超高価です(笑)
by たくや (2017-05-07 22:33) 

YOH

> たくやさん
きっと、エンジンに良い物が入っています。

by YOH (2017-05-08 05:27) 

かずぅ

ドレンワッシャー、在庫が切れたらこれにします。
by かずぅ (2017-05-08 09:17) 

YOH

> かずぅさん
山のように持っている人が一人いましたよ(笑)
by YOH (2017-05-08 21:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0